真夜中に切望する宮城の割り切り

Home / 真夜中に切望する宮城の割り切り

 

今日は一日中雨が降っていたので、引きこもりました。

私の息子(5歳)の将来の夢は消防士です。

近くの公園で偶然見かけた消防車に乗ったことを切望していたようです。

 

宮城 〜割り切り出会い掲示板【情報】

私の子供の頃の夢は日本官か消防士でした。宮城の割り切り

私は今別の仕事をしていますが、職業を見ると私はロンをしました熟成されているので、心温まることがあります。

息子は見た目だけを切望していたのではないかと思っていたとき、「困っている人を助けたい、かっこいい」という明確な理由があることに驚き、嬉しかった。

彼は父親として、彼に背を向けてほしいと思っていますが、彼は息子に私が切望していた職業を成し遂げてほしいと思っています。宮城の割り切り

しかし、危険な仕事をしてほしくないという親の気持ちもあります。

夢を語った息子が鋭い目を向けて、やらなければいけないことをやろうと決心したのは幸せな一日でした。

鯉の話」宮城の割り切り

ラブストーリーなら大丈夫ですが、真夜中に少し目が覚めたので深い話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です