静かに坂戸の出会い掲示板を見ながらコーヒーを飲みました

Home / 静かに坂戸の出会い掲示板を見ながらコーヒーを飲みました

「私も好きです…でも会社の安いコーヒーです。時々本当に飲みたくて、坂戸の出会い掲示板を空かせて胸焼けをします….ああ、そう、ロス・ヴィータさん… 「」

男は緊張し、バッグからパッケージを取り出してテーブルに置き、3番目のカップを両手でつかみました。

“これは何ですか?”

坂戸の出会い掲示板

彼女はそれに触れずに静かに見ながらコーヒーを飲みました。見た目は赤いパッケージで、厚さは約2cm、サイズははがき2枚を並べたものです。内容は想像できますが、まだわかりません。

「受け取ってください、ロス・ヴィータさん。きっとあなたはそれを必要としています。私はそれを必要としないので、あなたにそれを与えたいのです。」

男は、パッケージの内容に対する答えを言わずに受け取ることを勧めた。ロスヴィータはそっと微笑んだ、と彼女は男に言った。

「怖いので、わからないものが届きません。」

[5]娼婦の記録坂戸の出会い掲示板
喫茶店に入ってから10分。店員は会話をしておらず、まだ何も注文していませんでしたが、コーヒーを2杯持っていました。

ロス・ヴィータはおなじみの手で砂糖棒を2本テーブルに置き、「ここにはコーヒーしかありません」と言ってかき混ぜました。

男は勝手にコーヒーから出てきて、砂糖棒を入れてかき混ぜるまで彼女の動きを見ていた。

男は黒でコーヒーをすすり、ついに再び坂戸の出会い掲示板を開いた。

「あれ…来てくれてありがとう…。会いたかった。肉体関係は必要ない…誰かに会いたい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です