宮城で再びセフレからヒントを得ました

ごく小さい頃から私が好きだった宮城さんの絵本。それはデザインされていて、そしてそのラインはブルナの人間性を持っていて、そしてタイポグラフィがあります、そして会社時代に私は仕事から多くのヒントを得ました。
今回の展覧会で再び認識したこと、初めて知ったこと
私は以前よりも宮城が好きになりました。
私は2階の倉庫を飛び回っています

宮城でセフレ

2階の窓は小さい小さな窓です

外出できず申し訳ありません

宮城

私はそれがどこかに乾くだろうと思います
(/△\ `\)(泪)
太陽の7時ごろに起きなさい。昼食…トースト。夕食…チキンソテー、ほうれん草のホワイトニング。ベッドで3時ごろ。
パンの日記

放送されたら

今日の小田原

パンを買いたい