宮城のセフレのたばこはかっこいい

Home / 宮城のセフレのたばこはかっこいい

宮城のセフレな敵は、新s組時代から明治時代にかけて「悪/即時/斬」を即座に実行します。

斎藤久は実際は日本官ですが、宮城のセフレでもありました。

また、たばこはかっこいいですが、紙巻きたばこは明治時代にはまだないので、マンガのみの制作です( ̄ー ̄)

宮城でセフレ

『トモコ(宮城のセフレ)』

トゥハルに行きます( ̄ー ̄)

次は保科知子( ̄ー ̄)

関西から引っ越してきた関西弁で話す少女。

演技はよく、会長も務めていましたが、関西から来て、浮いている部分が多く、いじめの対象になりました。

そこでは、私に話しかけた主人公が圧倒されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です